TOHARA DESIGN STUDIO

イタリアンレストラン、イタリア料理店のための

ロゴマークデザイン

ロゴマークは大事です!安っぽいロゴマークのお店がどう見られるか想像してみて下さい。

イタリアンレストランのロゴマークはお店の看板から、ショップカード、名刺、メニューブック、ホームページなどすべてに関わってくるお店のビジュアルの基本です。

お客様がおそらく最初に目にするレストランのイメージで、店の前を通っただけの人に「高級なのかカジュアルなのか」「モダンなのかクラシックなのか」「若い人向けなのか大人向けなのか」更には「センスがいいのか悪いのか」というところまで印象づける大事なものです。

トウハラのイタリアンレストラン向けロゴマークデザインは「シンプル&クリーン」、かつ「イタリアにあっても違和感のない」というコンセプトで制作しております。

以下にロゴマークデザインサンプルを掲載してあります。
トウハラのロゴデザインの方向性が概ねご理解いただけると存じます。

具体的な進め方は?

またデザインはただ闇雲に面白い形を作るのではなく、依頼主様のイメージをお聞きした上で、形のない状態からビジュアルへと形作っていきます。

とは言え依頼主様にとってイメージを表現するのは簡単ではないこと、また具体的なイメージがないからこそデザイナーに依頼しているという場合も多々あります。
そのような場合は、依頼主様の今までストーリー、お店の立地、建物の特徴などからこちらで形を作ります。そこは是非プロのセンスにお任せ下さい。

例えば下のサンプルの中に「enoteca Laura」が数点ございますが、こちらは実在のレストランの不採用案達です。
これらのデザインは(採用された物も含め)、お店の前がクランク状に曲がった特徴的な道であること、そしてその近くに有名な神社があることから、道の形と、一つの印が店、もう一つが神社、という配置にしてイメージを膨らませ、これらのデザインを提案いたしました。

enotecalauraこちらはenotecaLaura採用案ロゴマーク

いかがですか?デザインって面白いな、という気分になっていただけましたでしょうか。
こういった進め方で一緒に世界に一つのロゴマークを作っていきましょう!

<お問い合わせはコチラから>

ロゴデザイン

おまけの話・・・ロゴマーク、どうしたら他のイタリア料理店と差をつけられるか。
今やイタリアンのお店にイタリア語の名前をつけ、それをロゴにするのは当たり前。"Ristorante"や"Pizzeria"、最近では"Trattoria""Osteria"なども珍しくなくなってきました。

そこでロゴマークに"specialià di ..."(...専門、得意)、"Tipica..."(典型的...料理)、"cucina casalinga"(家庭料理)、Pizzeriaなら"forno a legna"(薪釜焼き)などのワードを入れてみてはいかがでしょうか。これでぐっと本場っぽくなりますし、ここまでしている日本のイタリアンはまだほとんどありませんので、とても個性的になるはずです。ご希望の方にはこちらからぴったりのワードをご提案しますので、お気軽にご相談下さい。

ロゴデザイン

苦手なデザインもございます・・・

“シンプルモダン系”“カッコいい系”“シャープ系”ロゴマークデザインには自信がございます。
必ず御期待にお応えしますのでどうぞ楽しみにお待ちになって下さい。

ちなみに苦手とするデザインもございまして・・・“ワル系”“メルヘン系”などをご希望の場合は仲間のデザイナー、イラストレーターをご紹介させていただくなどで対応いたしますので、まずはご相談下さい。

<お問い合わせはコチラから>

トウハラ以外の業者様でロゴが必要な場合(例えば看板など)はAiデータをお渡しできますのでお申し付け下さい。

トップページで更に詳しい情報を

 

イタリア料理店開業までに必要なデザインアイテム・すべてお任せ下さい
ロゴマークデザイン説明ページへ 名刺デザイン説明ページへ ショップカードデザイン説明ページへ メニューブックデザイン説明ページへ 開店案内はがきデザイン説明ページへ
アクセスマップデザイン説明ページへ FAX用紙デザイン説明ページへ チラシデザイン説明ページへ 伝票デザイン説明ページへ ホームページデザイン説明ページへ

<お問い合わせはコチラから>

<イタリアン開業応援します・デザインサービストップページへ>